2012年03月07日

フードバンク:生活困窮者へ食支援 松山でシンポ /愛媛をどの様に聞きます?

可笑しい急報を仕入れたは?
多少ていど息き抜きしたっていいよね?
注目は食品の安全に関係して、フードバンク:生活困窮者へ食支援 松山でシンポ /愛媛をどの様に聞きます? のはなしです。

☆★☆

フードバンク:生活困窮者へ食支援 松山でシンポ /愛媛
毎日新聞 2月27日(月)13時1分配信

商品表示のミスや販売期限切れなど安全性に問題が無いのに廃棄される食品を譲り受け、福祉施設や生活困窮者らに無料提供する「フードバンク」について学ぶシンポジウムが26日、松山市湊町7の市総合コミュニティーセンターで開かれた。

農林水産省補助事業の一環で廃棄物工学研究所(岡山市)主催。

先進的取り組みを進める山梨県のNPO法人「フードバンク山梨」の代表、米山けい子さんが「日本の食糧自給率は約40%。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00000222-mailo-l38

★☆★

どうでしたか!!!
まーまー、ぼちぼちやってきます。
メルシー。


これから、どのように変化していくのか予測がつきにくい状況です。その傾向は、インターネットの世界でも顕著に現れています。一例を上げると、ショッピング枠の現金化・上野ショッピング枠の現金化・新橋、また京都府でのクレジットカードショッピング枠現金化滋賀県でのクレジットカードショッピング枠現金化などといった調べ方が出ています。こういったキーワードは、消費者真理の一端かも知れません。そのほかにも、や、また・といった傾向も出てきています。一例ではありますが、こういったところからも今後の社会の変化の兆候が読めるのではないでしょうか。
いまの科目
いまの教育
今日の学び
posted by そうた9yxm at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。